彼氏・ダンナと脱マンネリ!男性に求められるような女性になる方法

彼氏や旦那と最近マンネリ気味…そんなマンネリ感を解消して彼氏や旦那が惚れ直すようないい女になる方法を紹介します!

彼をトロケさせるキスの方法

f:id:ai202001:20170112120431j:plain

セックスよりも大切なこと

マンネリ打破のためにセックスやキスを工夫する…とご紹介しました。

巷でもマンネリ打破のセックスの方法として、コスプレをするとか、ソフトSMをするとか、屋外プレイ(常識の範囲で)とか紹介されています。

しかし、これらのセックスはマンネリ打破のために本当に有効なのでしょうか。

 

実はこれらの方法も、始めは興奮するかもしれませんが、結局はその刺激は長く持ちません。 いずれ再びマンネリ状態に戻ってしまうんですね。

 

それなら、一体どうしたらいいのか?です。

 

実はセックスよりも前に、大切なものがあります。

それは前戯。(女性もこちらの方が好き…という方もいますね)

そして前戯より大切なのは、キス

そしてキスよりも大切なのは、相手を愛おしく思う気持ちです。

 

そして、相手を愛おしく思う気持ちをいかんなく表現できるのが、キスなのです。

 

愛おしく思われて、嫌だと思う人間はいません。

 

彼氏に対する大切・そして愛おしいという気持ちを、キスで表現する方法をご紹介します。すなわち、彼の身も心もトロケさせるキスの方法

このキスの流れから、燃え上がるような情熱的なセックスに、自然に移ることができるのです。

彼氏をトロケさせるキスの方法~くちびるの前に

f:id:ai202001:20170105111348j:plain

①指にキス

マンネリ状態から、いきなり唇にキスはハードルが高い人もいますよね。そんな時は、はじめは指にキスがおすすめ。彼に近づく、もしくは抱きしめてから、何気に手を取って、指にキスしてみてください。

指先は非常に敏感な部位です。

そこを愛しい彼女が、丁寧にちゅっちゅとしてくれた時に、嫌がる男はいないでしょう。

ただ、いきなり舌でなぞってしまうと、露骨な感じがでてしまうので、はじめはあくまで軽くです。

 

②耳を攻める

次に攻めるは耳です。指に軽くキスした後に、少し恥ずかしそうに彼の眼を見た後、目をそらして彼の肩に顔をうずめて、その流れで耳にいきます。

 

実は耳もかなり感じるポイント。耳たぶを少し唇で挟んだり、耳の外側の際を唇でなぞるだけで、感じる男性もいます!

もちろん舌でなぞったときの快感はさらに倍増!

また、耳の後ろも性感帯である人が多いですね。

ただ、性感帯=くすぐったく感じやすくもあるので、攻めすぎたり、あまり激しくすると、彼氏が笑ってしまってNGになることも。始めはあくまで優しく、そっとキスしてみてください。

 

③首筋にキス

耳をした後は、次は首。

首筋に性感帯がある男性も多いです。

女性も、男性に首を愛撫されると気持ちよくないですか??男性も同じです。

顎のラインから耳までのライン、そして耳下から鎖骨のラインを優しくついばむようにキスしたり、舌で優しくなぞるようにキスしたり、丁寧に唇を添わせましょう。

人によっては、このキスで勃起してしまう男性も!

ただ、こちらも部位も性感帯=くすぐったく感じやすいので、あくまでソフトに試してみてください。

 

④口元にキス

さて、次はいよいよくちびる…ではなくて、顔、主に口の周りにキスをします。

女性も顔にキスをされると嬉しいですよね。それと同じように、愛しい彼の顔やほほにキスをします。

くちびるの周りも感じやすいので、こちらもキスしますが、あくまで唇の周りのみ!

くちびるにはしません(笑)

 

焦らしが最大のポイント

f:id:ai202001:20170105111411j:plain

くちびるを攻める前の行為ですが、焦らしをいれてるんです。

この焦らしがとっても大切。

マンネリ化しているカップルって、どうしてもキスや前戯、行為がワンパターンで、短時間で終わらせがちです。

だから逆に丁寧に時間をかけて行うのです。

そのいつもとは違うキスのギャップに、彼もびっくりすることでしょう。

しかも丁寧に行うことで、彼も大切にされている…という気持ちが芽生えます。それはとても嬉しいことですよね。

ただもしあなたの彼が、極端に照れ屋、そしてせっかちだとしたら、このくちびるの前のキスはすっ飛ばして、次にあげるくちびるへのキスを実践してみてください。

 

彼氏をトロケさせるキスの方法~くちびる

f:id:ai202001:20170105111433j:plain

①キスすると思いきや…

さて、次は彼の目をいつもよりも長めに、じっと見た後に、いよいよ唇にキス。…と思いきや、寸前で止めて、口のわきにキスをします。

これも焦らしのテクニック。彼も「キスがくる」と思ったのに、肩すかしをくらい、ギャップを感じます。

この時に少し恥じらいの態度を見せると、より男性は喜びます。男性は女性に「恥じらい」を感じた時に、性的興奮を感じやすいのです。

 

②甘噛みキス

そして次にそっと彼に唇を重ね、自分の唇で彼の唇を優しく挟んでいきます。

歯で甘噛みをしていってもいいのですが、強くしないように要注意です。彼のくちびるを愛おしむように、丁寧に挟んでいきます。

 

③下くちびるを吸う

丁寧に甘噛みをしたら、次は彼の下くちびるを優しく吸います。

この下唇を吸われるのも、相当気持ちがいいのですよ…!

ポイントとしては、歯を少し半開きにして、彼の下唇に自分のくちびるをあてて、吸い込みます。こちらも力を加減してくださいね。

 

ここまで来たら、彼も相当焦らされ、そして十分に感じているはず。この後は、いつものようにキス→ディープキスへと移っていってください。

 

とろけさせるキスをするのが、恥ずかしい方へ

セックスも大切なのですが、その前のキスはもっと大切なことはお分かりいただけましたか。

女性も自分の体を愛撫してもらうことが好きなように、男性も女性から愛してもらえると喜びます。

もちろんいきなり男性器にアプローチでも構わないのですが、その前のキスを丁寧に行うことで、自然な流れでお互いを愛撫して、情熱的なセックスに流れることが可能でしょう。

何事もはじめが肝心なのです。

 

でも、そんなこと言っても、キスもご無沙汰なのに、いきなり自分からこんなキスはできない…!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな方はぜひ次にご紹介する方法を、一緒に取り入れてみてください。

この方法を併用すれば、自然と自分の気持ちも盛り上がり、また、彼の性衝動を上げてくれる手助けをしてくれるでしょう。そうなれば、より自然な形で、とろけさせるキスへと移っていけます。

f:id:ai202001:20170104091031j:plain

f:id:ai202001:20170104134356p:plain

キスって人によってはセックスよりも大切…とも言われています。そのくらい相手を愛するという表現ができるし、自分も愛されているという実感が湧いてくる愛のコミュニケーションなのです。マンネリになればなるほど、このキスというコミュニケーションもなぜか恥ずかしくてできなくなったり、めんどくさくなったりしてしまいますが、それをあえて丁寧に行うことで、今まではとは違う関係性になれるかもしれません。